目元の悩みを解決|理想の目になる二重整形の魅力【自分に合った方法を見つけましょう】

目元の悩みを解決

女の人

施術方式で費用が変わる

二重まぶたにする手術には医療用の糸でまぶたを留めて固定する埋没法と、メスで皮膚を切開し縫い合わせることで二重のひだを作る切開法があります。目の形やまぶたの状態で向き、不向きがあるため、術前には十分なカウンセリングが必要となります。埋没法はメスを使う手術ではないので、美容整形のなかでも費用が安く、ダウンタイムが短いというメリットがあります。そのため長期間学校や仕事が休めない方やお金がない若い世代に人気のある施術方法です。埋没法は仕上がりが満足できなかった場合は、あとで元に戻したり、ラインの幅を変更したりすることも可能です。施術中は局所麻酔を使用するため、痛みはほとんどなく、施術時間も10分程度と短時間で治療を終えられるのが特徴です。埋没法は基本的に抜糸することはないので、術後は経過が良好なら通院する必要もありません。切開法は二重のラインが取れにくいというメリットのある施術方法で、同時にまぶたの脂肪を取り除くことができるので、まぶたの腫れぼったさなど目元の悩みを解消することもできます。加齢などが原因でまぶたにたるみがある方や埋没法でラインが取れてしまった方に向いている施術方法です。切開法は切開する幅の長さで全切開や部分切開など種類があります。まぶたの脂肪やたるみを多く取る場合は全切開が向いていますが、その分ダウンタイムも長くなります。ダウンタイムが気になる方には部分切開が向いています。切開法はメスを使う手術なので施術時間は1時間ほどかかり、抜糸や経過観察のための通院が必要です。二重まぶたにする整形手術は自費診療になるので、治療費用は高額になります。クリニックによって施術方式や使用する薬剤によって金額に差がありますが、埋没法は5〜12万円、切開法は20〜30万円が相場の金額となっています。埋没法の手術の場合、費用が比較的高いクリニックでは手術で使用する医療用の糸や針は腫れを最小限で抑えるために特殊な極細のものを使用しており、アフターケアの保証制度も充実している場合が多いです。埋没法は仕上がりが気に入らない場合、施術のやり直しができますが、保証の期間や施術内容によっても費用が変わってきます。保証期間が長いほど費用は高くなりますが、期間内であれば無料で施術を再度受けることができます。糸をまぶたに留める回数によっても費用に差が出てきます。回数が多くなるほどはっきりとしたラインを作ることができ、費用も高くなるという仕組みです。切開法では部分切開よりも全切開のほうが費用は高額になり、脂肪やたるみを取り除く場合は5万円〜10万円ほど上乗せした金額になります。二重まぶたにする整形手術では手術費用以外にも術前の検査費用や麻酔費用などがかかる場合があります。また、術後に行われるアイシングや痛み止め、抗生物質などの薬代などアフターケアにかかる費用や消費税なども考える必要があります。これらの費用はクリニックによって全部込みになっている場合と、追加費用として加算される場合があるので、術前のカウンセリングで最終的にかかる費用をよく確認しておくことが大切です。